HOME > 妊娠線とは > 妊娠線とは

妊娠線とは

妊娠線」とは、急激にお腹が大きくなると皮膚のが伸びるのについていけず、縦にみみず割れのような線がいくつも出てくるのを言います。
痩せている人が急激に太ったりすると、そのような線ができますが、それと非常によく似ています。妊娠線には、個人差があり、出来やすい人・出来にくい人がいるようです。妊婦さんの8割〜9割の人に、この妊娠線が出来るといわれています。

「妊娠線とは」内の記事一覧